ヘルパーを取り巻く事情 転職、資格、人材不足・・・様々な観点から見たヘルパーの事情とは

転職者が多い事情

最近の急速な高齢化に伴い介護施設が多く建設されて、それとともに介護関連の職種の求人も多くなっています。実務経験が重視された職種が多いためにどこの施設でも人材不足の状況になっています。そのため他の施設との差別化を図ろうとしていますが、そもそも根本的に仕事内容の対価としての給与水準が他の職種と比較すると低いのが、介護職に人手が集まらない理由でもあります。

特に利用者と関わりを持つヘルパーの仕事は、食事の世話等以外にも下着類の交換などの排泄介助や入浴介助を行うことがあります。食事を思うように食べてくれない入居者に対して辛抱強く食べさせたり、すぐこぼしてしまう人の口やテーブルを拭きながら食べさせたりと、精神的にもストレスが溜まります。また、入居者の体を起こしたり横にずらしたりする際には体力を使うため、力がないとできない仕事も多いです。

心身ともに疲れる仕事に携わっているにも関わらず、その対価としての給与は決して満足できるものではないと考える人が多く、転職をする人が後を絶たないのです。どこの施設も似たような状況であることは理解しているものの、より待遇が良い施設へ転職する動きが多いです。このような実情は特別なことではなく、多くの施設で言えることです。給与の財源が介護保険料等といった公的なものに限定されていて営利を目的としたものではないために、財源を増加させるためには多くの壁があります。しかし今後も高齢化が進み、少子化の影響で高齢者を支える人が少なくなる状況にあるため、介護の現場で働く人材の確保は重要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です