ヘルパーを取り巻く事情 転職、資格、人材不足・・・様々な観点から見たヘルパーの事情とは

チャンスはたくさんある

現代の高齢化社会、国内どの地域を訪れても街中でデイケアや介護センターの建物が目に付きます。実際どの地域においても介護スタッフやヘルパーの人材不足は深刻化しており、十分な介護サービスを行き届けさせるだけの人員確保が急務となっている訳です。

それゆえ、各地における介護ヘルパーの求人は資格の有り無しに関わらず大変多く、その情報は一般の求人メディアだけに留まらず、上記の施設の掲示板や関係者からの直接の仕事依頼にまで及んでいます。もちろん、この状況はある程度現場での経験を有したヘルパーにとっても、より良い職場を探す転職の大きなチャンスとなっているのです。業務上、また拘束される時間やその不安定さから、決して余裕を持った新たな職場探しとはいきませんが、自分の技術や経験、そして現場におけるマネジメント能力に自信があるのなら、より賃金体系が高く、スタッフにとっても働き易い職場を求め堂々と転職活動が出来るでしょう。

介護業界の主な業務体系としては、各家庭に派遣されるタイプと介護施設内での業務と2パターンがあります。全て一人で業務を完結させなければならない前者は、総合力とマネジメント力、他スタッフとの連携が重視される後者は被介護者だけでなくスタッフ同士のスムーズなコミュニケーション能力や円滑な業務遂行能力が重視されます。従って、これまでのキャリアを棚卸し、自分の経験が豊富で得意なパターンを考慮した上で、その能力を十分発揮させてくれる働き方や環境の職場を選びたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です